スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな がらん堂です 





先日  フランスから中国まで


徒歩で旅した人がニュースになってました





感心すると同時に フト 思い出しました






自分も1回 挑戦したことを・・・






南米を旅行中  ボリビアにいた時


このまま海を目指せば たとえ自転車でも ペダルもこがずに 両足広げて 楽チンに


鼻歌で アンデス降りてチリまでイケるんちゃうかなぁと・・・(だって ここ3800mの高地やし・・・)






そこで 中国製の人民自転車を買って いざ出発!!












だけど実際 中々どうして下りだけじゃなくて アップダウン激しくて (当たり前だけど)



酸素うすいし  昼間は暑いし  リャマは小バカな顔で見てるし











そもそも 実はそーゆーのの憧れっちゅーか


そーゆー事する人を 無条件にすげぇと思っちまう所とかあって


でも何がすげえのか よく解んなくて それがもどかしくて みたいな・・・





でも 解りました。。。





みんな すげえ 自転車 好きなんですよ





自分は それほどの LOVE 自転車 って程でもなかったんで


もんく ばっかり。。。 (やれ ケツが痛ぇだの 尻が痛ぇだの)



おまけに 行き会った他のチャリダーに「お前やる気あんのか?」と怒られる始末・・・





でもなんか途中で降りれなくて 結局2000キロくらい(チャリが大破するまで)


乗ったんやけど・・・  実に 尻が痛かった・・・










たくさんの楽しい事やすごい景色の感動の3倍くらいは 辛かった様な・・・






そして 思いついたのが そう 徒歩旅行!! 





やっぱり人の歩く速度は 人の生きる速度そのものなのだ! と日記にかいてあるな・・・




市場で よく灯油とか運ぶガラガラを買ってきて

テントなど積み替えて いざ出発!!!





2日で中止になりました





そんな がらん堂です





今日の1曲です



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。